王滝練が結局エクストリームになる。。。in某温泉地周辺!

エクストリームとは何なのか?
今日は個人的に響きが良いというだけで、無理して日常会話に使っている所から説明しよう。
エクストリーム (Extreme) は、「極限」「極度」「過激」などといった意味をもつ英語。
まったく自分の趣味の技量からして、エクストリーム的な要素はまったくないのだが、場所やセクション的な要素が多いと思われる。


特にオフロードバイクでの経験でアタックツーリングやヒルクライムを経験してしまうと、一度緩んだネジがそうそう締まらない。

山に謝る若き日の管理人。

そんなこんなで現在のMTBにすべての経験とおかしな情熱をエクストリーム企画につぎ込んでいるのである。
ご理解して頂けたでしょうか。

今回、王滝練と称しているがただ自転車に乗りたいだけ、地図だけでは分からないルートはどうなっているのか?
好奇心と探求心のみで、温帯低気圧となった台風の影響が残る中、一人モノ好きが行動を決断した。日曜の朝6時である。(王滝本番まであまり練習ができないので無理する必要もあった。)
AW王滝練でも、雨の中勇者たちが店の前で店長を待ち構えていたというw

今日の目的はあそこからの右分岐と、池から温泉地までのルート確認、本番使用のバイクの重量でどこまでペース維持(平均時速10キロを死守!)できるかである。
結論からいうとルートが嬉しい?誤算で、国土地理院の地形図は古すぎて役に立たないと言うことをこの身で実感した。舗装路と思ったが、林道でもなく、すでに使われていない廃線、ケモノ道。
今日の前半は前回のAW王滝練の延長、後半は池周りのシングルを走って、温泉地まで快適舗装路下りを簡単に予定していたがそうは簡単に問屋は下ろさないという現実…。楽しすぎます♪

ここから出発!

すでに激しい雨で、チャリの積載ですでにずぶ濡れになる。しかし熱くほとばしるアドレナリンで寒さは感じず、これからの冒険に浮足立つ自分がいる!
逝けるのか!?逝ける!!

さてさてO山林道の峠を目指して、ヒルクライムだったが、チャリも各種バッグやバーエンドやらでの重量増はそれほど感じず、進むことが出来た。地力がついてきているのだろうか?いやソロなのでお気楽なだけである。


左分岐の右分岐でこれからガレ林道が始まるなぁと思いきや、まさかの崩落!
完全に予想外であり、前回に下ってきた林道の逆アタックはあの藪具合からテンション激落ちなので、却下。
このまま温泉に入って帰ろうかと己の悪魔がささやいたが…
しかし!ネタ的には美味しいので、歩いて斜面側から覗いてみると担いで行けそうだ。
ということでまだまだお付き合いください。


この雨で完全にガレ林道が小川になっており、難易度激アップ!
早速、枝が後輪に巻き込み1回目のコケ。バックパックで衝撃吸収したが、入れていたヤツは大丈夫なのか!?

なんやかんで要所は軽いギア、ケイデンス重視で勢いを殺さずで、休憩も一時間に5分と課して、峠も一気に下った。


前回の談笑動画ポイントまでたどり着き、初めての右分岐へ・・・行ったかどうかは分かりません。トラブル等もありますので行動は自己責任です。


ずばり走りやすい!

そして天然のトラップ「いがぐりまきびし」も!?
まだ青いのにこんなに落ちているのはなぜ?


平治岳らしき九重の山々がうっすらと見える。


見覚えのある激坂右分岐をパスして、直進です。
や〇〇みハイウェイにつながるのか楽しみである。

今回、地図は用意せずネット等で事前学習ということで大まかにルートを把握した。(つもり)
あと念のために、電波圏外でスマホが役に立たないはずなので、地形図は画面メモして保存しておいた。(結局、雨であまり見ることはなかったというか、できなかった。非防水なので)

引き締まった路面で走りやすく、林道ハイウェイである。


このまま車道に合流して、池周辺まで簡単に行くな〜♪と鼻歌まじりである。

池までのアクセスは店長から教えてもらった林道でアクセス。
未舗装率が高いここ周辺はオフロード天国ではないか?温泉もあり、たまらんです。
途中、雨で視界が悪く通行止めのチェーンに衝突しそうになり、急ブレーキであせる。

湖畔に到着!


ここも教えてもらったシングルで、草もそこまで生い茂っていなく楽しめた。

…おっ!池をみると今までの雨不足で岸がかなり露出している!?
まさかの岸辺エクストリームという展開に。(推奨されるものではありません)



昔、子どもの時に釣りやボート遊びに来たことがあったが、あまり深くなかったんだなとか、湖底はあまり変化がないから魚は少なそうだなと考えながら走る。


草地帯も構わず突っ切る!
若干、本来池の中を走るというシチュエーションライドは、経験ないのでなぜかそわそわした。あとなにか未知のもの(遺棄された事件的な物とか穴とか)に遭遇しないかと心配も…。


2回目の休憩タイム。雨宿りする場所がないので、立ち食いである。
入れていたヤツの登場!何でしょうか?


はい、ゆでたまごです。キッチンペーパーでしっかり守っていたのが良かったようで、ヒビもなかった。
管理人はたまごが大好きで、卵ご飯やゆで卵は食べすぎで気持ち悪くなるほどいけます♪
今回は食料はゆでたまごとジェルのみです!


岸辺エクストリームの再開だが、どこまで水際に迫れるのか近付いてみた。
かなり行ける、行けるぞぉと近づくと、ぬかるんできた。少しでも止まるとはまりそうだ。


草で流れ込みとなっていた小川に気づかず、フロントダイブ!
派手にこけました。水草カーペットなのでまったく痛さはなかったが、良いおっさんがひとりでこんなとこで何してんだという恥ずかしさだけが残る。

階段を下りて階段を上るというプレイ!
案の定、登りきれず、転倒しそうになる。

たまたま間違えて取れていたムービーで激しい雨の状況をご確認ください。

さてさてここからの帰りのルートの入り口が分からないぞ!?
ちょっと周辺を探索したが、これぞという入口が見つからずしばらく考える。瞬間的にぱっとスマホを取り出し、位置確認。ちょっと舗装路に出てもう一つの池を回りこんでみるか!


正解のようです。
これから未知の領域です。何が待つのか?
まさに「新たなる未知へ」「ファーストコンタクト」「ディープスペースナイン」「イントゥ・ダークネス」!!

夜にスタートレックの最新作を見たせいか、影響大です!面白かった。
「☆トリップ 新たなる道(未舗装)へ」良いんじゃないですか!?爆

かなり脱線しました。しばらくこれぞトレイル的な緩やかなくだりの先には・・・

しまった、開けた牧野に!?まさかの牧野エンドなのか・・・?


ありましたありました、脱出口、隠し扉が笑
まだまだ管理人の深宇宙探査は続行です❤


そうそう地図では池があるはずなので、正解のようである♪
ここの岸辺エクストリームは取っておこう。


さてさて写真ではカメラの露出のせいか明るく見えるが、雨のせいで実際かなり暗いのである。
今日は小鹿が3頭飛び出してきたぐらいで軽いビビりだったが、謎の生命体と山中に出くわした日には、かなり怖い。
勝手に私的遭遇したくないランキングw
第三位 蟹坊主

鬼太郎のエンディングに出てくるやつ。子供の時にみてインパクトありすぎて超怖かった。
あまりカニが好きではないというのもある。

第2位 ヤマンバ

これはマジ怖い。車で夜中に山中を運転してて、道端で出会ってしまい、必死に逃げたと思ってバックミラーを見たら鬼の形相で追っかけてきていたら・・・(激しく想像です)
あと赤ん坊を抱いた女性が後部座席にいたらとか想像するだけでちびります苦笑
すでにチャリは関係なくなってますがw

第1位 グレイ型宇宙人

だんとつ、こいつが怖い!
謎の発光体を見た瞬間、記憶がなかったとか、囲まれてしまったりとか、あんなことやこんなことされたりするのが超怖い。謎の金属片を埋め込まれたりして、定期的に回収されるとか・・・ヒー泣
かなりXファイルでビビりあげましたw

そう考えると、ソロツーは恐ろしいというか、行方不明になっても誰も気づかないというまさにイントゥ・ダークネスw


また崩落!ここを越えねば帰りつかん!!
どけーい。


すでに生活道だった面影もなく、ジャングルクルーズ化しております。
みんなと来たらもっと楽しいだろうなぁと思いつつ、見たらいけないものは見たくないので、後ろは振り返りません。


ここはまいった。流水ガレ登り!写真じゃ分かりにくいが斜度が半端ないうえにガレており、すぐに参った。
AWの手練れたちはどう料理するのであろうか?
距離もかなりあった。


薄暗い中のウッズラン(霧つき)も怖いものはない。
きつさを忘れ、はやく通り過ぎようとひたすら漕ぐ漕ぐ(汗


すでに雷もなっていて雷雨に・・・すでに道なのかも分からない路面状況とひどい天気に。
グリップのために抜いてあったリアタイヤのエアがかなり抜けており、スローパンクかとかなりビビった。
修理道具や替えはあるが、こんなとこに長居はしたくはない!
地図的にはもうそろそろのはずなのだが、道らしきものもロストした感がある苦笑


おおっと奇跡の道復活❤
やはり使われなくなって廃道化してしまってたようだ。しかし、地形図ではしっかりとした道であったので、まだまだ探せば走れるとことがあると思われる!


民家、集落にキタァ!
この光景だけで安堵です、はい。
1時間以上は冒険したようだが、帰りつくまでが遠足である!


なるほど、ここに出るのね。
もう車まで3分とかからない所だ。
このルート美味しい!!


無事駐車場までつきました。全然雨がやまない。
体中、泥だらけで足には草の実が無数。まずは温泉だな・・・

平均時速11キロ。走行距離31キロ。メカトラブルはなし!タイヤもパンクではなかったようだ。
人間もドキドキ感>疲労感がまさり、問題なしW

まだまだ地図上では気になる分岐があるので、また王滝後に探索せねば!
とりあえず任務完了です。

良い締めの文章が出てこないので、スタートレック締めで。

「長寿と繁栄を❤」
テーマ
気持玉(0)
トラックバック (0)

トラックバック用URL

コメント (7)
ツ・イ・テ・イ・ケ・ナ・イ・・(-_-;)。
ざあけん
コンディションが良ければ楽しそうなだね。
コンディション良ければ。(^_-)-☆
ふね
>ざあけんさん
タ・ノ・シ・ク・イ・ケ・マ・ス・ヨ(行け×逝け〇)
嫌よ嫌よもざあの内です❤

>ふね凾ウん
コンディションとは体調のことですよね!?
路面や天気じゃないですよね!?
アンセムフルサスなので全天候路面型の最強バイクなのでむしろのぞむところですよね!?笑
ホンダ☆
あなたを尊敬するわ!
自信ねえけど逝ってみて〜
岩王
ここらへんはあんまり「岩王担ぎ」の出番なく乗車率は高いっすよ!
岩王の今のこけない走りなら120%エクストリームを堪能できます♪
秋企画に是非!

自分でもようやるわ!と呆れてますよ苦笑
目指すところが分かりません💦
ホンダ☆
なおです!夏もガッツリ乗ってますね!
私は8月一度も乗れずじまいだったので、うらやましい限りです...
ホンダさんのチャリblog見てたら久々に走りたくなりました〜♪
なお
なおさん、訪問ありがとうございます♪

まだまだ乗り足りないと思うぐらいの夏でしたが、活動資金の仕事にも精を出さねばと難しいところですね苦笑

ぜひぜひ九州でのライドの参考にしてくださいませ?笑
ホンダ☆

コメントする

ニックネーム
本文

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事