博多の人情屋台 純ちゃん at 恵比寿横丁



8月の第4土曜日は、呑み友達の同僚と呑みました。今回の呑み場所は、恵比寿です。同僚が事前に調べてチョイスした2軒で呑むことになりました。まず1軒目、ワインの品揃えが豊富な酒屋「wine shop & bar yamamoto」で呑みました。「角打ち」ですね。続いて2軒目の呑みは、恵比寿横丁に行きました。場所は、渋谷・新宿方面を見てJR恵比寿駅の右側、徒歩2、3分のところです。私も初めて行きましたが、恵比寿横丁とは、屋台街のような雰囲気の呑み処の集合体ですね。出来てどのくらい経つのでしょうか?かなり古い感じでしたね。昭和の雰囲気漂ういー感じのところでした。


こういう場所は、ワクワクしますねー。大好きです。T字の通路があって、その両側にびっしりと店が軒を連ねています。それぞれ特徴のある料理を出す居酒屋を中心に、中華料理居酒屋、寿司屋、ワインの店、ビストロ、スナック、ガールズバーまであります。それにしても、かなりの数のお客さんで溢れていましたね。とりあえずグルッと一巡りして各店を見た後、呑む店を決めました。どの店も良さそうで、迷いますねー。


迷った末に行ったのは、博多の人情屋台「純ちゃん」です。おっと、最近は九州料理系の店によく行きますねー。調理場を囲むカウンター席がメインの店ですが、端の方に2人用テーブルが1卓か2卓ありましたかね。カウンターは、10席ちょっとくらいでしたでしょうか。我々は、そのカウンターで呑みました。さて、飲んだのはホッピーです。クゥーッ!冷たいホッピー、ウマイッスねー。お通しには、「高菜」が出ました。九州料理系の店らしいですね。ナカの焼酎を1回おかわりしてホッピーを飲んだ後は、芋焼酎「富乃宝山」をロックで飲みました。九州系ですからね。やはり焼酎でしょ。私は、西酒造の宝山シリーズは好きなんですよねー。ウマイ!


つまみは、「豚バラの黒胡椒焼」、「ポテトサラダ」、「焼ラーメン」を食べました。豚バラの黒胡椒焼は、とにかく激ウマでしたね。使っている豚肉がいーものなのでしょうか。赤身のところが柔らかくて美味しいし、脂身の部分もやたらウマかったですね。タレもいー味でした。ポテトサラダは、ポテトの他野菜たっぷり、シャキシャキ食感で美味しかったです。焼ラーメンは、一見焼きそばのようでしたが、食べてみるとやはり焼ラーメンでしたね。麺も違うし、味付けも焼きそばとは違いました。かといって、ラーメンのスープの味そのままかと言われればちょっと違って、焼きそばらしい味が若干ありました。表現が難しいです。


具のもやし、キャベツと麺の食感のバランスが良かったです。美味しかったです。1軒目でけっこうつまんでしまったので、これだけ食べたらお腹いっぱいになってしまいました。メニューには、興味を引かれる美味しそうなつまみがいろいろ並んでいて、もっと食べたかったのに残念です。

お値段ですが、若干高めでした。おそらくですが、たくさんのお客さんを呼び寄せることが出来る「恵比寿横丁」という場所にあるため、お家賃が高いのではないかと想像しました。なので、他の店も同じようではないかと思います。新宿西口「思い出横丁」と似たような感じなのではないでしょうか。でも、こういうところで呑むのって、いー雰囲気の中、テンション上がりますよね。

BIGLOBEニュースロゴ

ニュースをもっと見る

最近の画像付き記事